排気量の低い車ほど安く出来る

日本における自動車税は、1000CCを基準に、500CCごとに納税額が上がっていきます。
つまり、排気量が低い車ほど、車のコストを抑えることができます。
また、排気量が660CC以下である軽自動車は金額が一律となっており、普通車よりもさらにコストを抑えられます。
趣味・ステータスとしてマイカーを持っているのであれば、安さを考えて車を選ぶことはできませんが、生活の足としてマイカーを持つのであれば、排気量の低い車、抵抗がなければ軽自動車が一番車の所有コストを抑えられます。
ですが、一番大切なのは、マイカーとして適切な車であるかということです。
排気量が低いということは、それだけ力が小さいということです。
日々の買い物に使うだけだから排気量の低い車でいいと思っても、長距離や悪路を走るのであれば、ある程度のコストは必要でしょう。
せっかく所有コストを抑えられる車を買ったとはいえ、マイカーとして必要な機能を発揮できないのであれば意味がありません。
自分のライフスタイルに合わせて過剰に低くも高くもない理想のマイカーライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です