燃費によって出費がかわる

車は燃費によって出費がかわるものです。このことは意識をしてる人にとっては当たり前のことなのですが、あまりこのことを意識していない人もいます。この燃費のちがいによる出費のちがいというものは、車をよく使う人にとってはかなり違うものです。単純な計算でも、リッターあたり20km走る車と10kmの車とでは、その費用は倍もかかるのです。最近はガソリン価格も高騰していますので、この違いというのはかなりのものになるケースも多いでしょう。1か月で1000km走るようなケースでは100リッターのガソリンの違いとなります。これは、リッターあたりのガソリン代が130円だとすると、13000円の違いとなります。そして、これが1年となると154000円となるわけです。
この金額が多いと見るかそうでもないと見るかは個人によって違うのでしょうが、ほとんどの人にとってこの違いはかなり大きなものだと感じるレベルだといいってもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です