走行距離とガソリン代を考える

走行距離が延びれば、どうしてもガソリン代がかかってしまうのは仕方がないことです。では、たくさん走行してもガソリンを消費するスピードが鈍くなれば、ガソリン代を安くすることができます。2つの方法が考えられます。まず、燃費がいい自動車を購入することです。現在はハイブリッド車という燃費が非常にいい車が登場しています。普通に走行してもガソリン代はかなり抑えることが可能です。しかし、車は高額な買い物なので、なかなかハイブリッド車にすることは簡単ではありません。そしてもう1つの方法は、燃費を抑える運転をすることです。これであれば、今乗っている車でも実践することは可能です。まず、荒っぽい運転をしないことです。急発進や急停止、急ハンドルは燃費にとって良いことではありません。無駄な空ぶかしや長時間のアイドリングをしないことです。少しの停車でもエンジンを切っておけば、燃費の向上につながります。渋滞や混雑を避けることも重要です。行楽シーズンは出かける人が多くなるので、渋滞や混雑が起きやすくなります。それを避けることができれば、無駄なガソリンの消費を抑えることができます。アクセルやブレーキを踏み過ぎないということも大事です。どちらかのペダルを踏んでいる時がガソリンの消費がある時なので、なるべく踏まない時間が多くするのが重要です。高速道路の走行だと、車間距離が詰まりがちになりますので、なるべく車間距離を取ることが大事です。このような燃費にやさしい運転をすることがガソリン代を抑えることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です